製品情報

PRODUCTS

スッポンMPジョイント

水道配水用ポリエチレン管(JW−P)用 スッポン®MPジョイント


スッポンMP-TF 消火栓用台付 75×75


構造図


断面図


耐震性

インコアなしで許容ひずみ4%以上(口径50~150)の耐震性を有し、想定される地震動に対し十分安全な継手です。

  • 許容ひずみ4%とは地割れ1m以上(実験値)に相当しますが、想定される地割れは最大でも9cm以下とされています。
  • 地震動レベル2で直線管(最低50m以上)の管ひずみは0.75%以下であり耐震計算上安全です。
  • 地盤ひずみにより異形管部に作用する力は、ポリエチレン管にて吸収されほとんど伝達されないため、異形管部に必要な性能は水圧に対する接合強度で十分です。
  • 護岸近傍における液状化地盤では、地盤拘束力が低減されるため管は地盤に追従せず、管路に与える影響は小さくなる為、必要な性能は水圧に対する接合強度で十分です。

接合強度

内圧(0.5MPa)のもと、インコアなしでも管降伏点近く(約8%)に達する性能を有しています。

  • 引抜性試験、扁平試験、曲げ水圧試験、負圧性試験、耐圧性試験、破壊水圧試験でも十分な性能が確認されています。
  • 幅広ストップリング内面の複数歯に内圧がかかるとさらに圧着する作用でより強固に密着しますので、接合強度は更に高まる構造となっています。
  • 内圧により管が経年変化し、更に幅広ストップリング内に密着しますので、一体構造となって接合強度が高まっていく画期的な方式です。

施工性・再施工性

  • インコア挿入、滑剤塗布のわずらわしさがありません。
  • 継手を分解せずにボルト・ナットを緩め、開放ナットを使用することで管と継手の分解が容易に行えます。
  • 当て締め方式によりトルクレンチは不要で、締付完了を目視で確認できます。

水密性

  • スッポン®MPパッキンは低締付トルクでも十分な水密性を発揮しインコアを必要としません。
  • 離脱力が作用した場合でも水密性を阻害しません。

性能


性能試験項目 目的 試験条件 試験結果
50 75 100 150 200
引抜性試験 ポリエチレン管の50年後の最小要求強度に対する接合強度が確保されている事を確認 静荷重(1時間)
無圧
20±15℃
1時間後の管ひずみを測定
(参考)
11.3kN
4.2%
(22℃)
22.7kN
4.2%
(23℃)
43.9kN
4.3%
(22℃)
91.0kN
4.2%
(23℃)
175.1kN
3.5%
(23℃)
結果 抜け出しその他欠点無し
扁平試験 管路に扁平が加わった場合の接合部の耐圧性を確認 接合部端面より
30ミリ、30%扁平、
2.5MPa(2分間)
水漏れ無し
曲げ水圧試験 管路に曲げが加わった場合の接合部の耐圧を確認
1受口22.5度
2.5MPa(2分間)
漏れ破損その他欠点無し
負圧性試験 管路に吸い込みその他欠点がないことを確認 -54kPa(2分間) 吸込みその他欠点無し
耐圧性試験 管路の接合部の耐水圧を測定 2.5MPa(2分間) 漏れ変形破損その他欠点無し
破壊水圧強さ試験 管路の接合部が規定水圧以上の破壊水圧に耐える事を確認 管温20±15℃
4MPa以上
4.8MPaで
管破壊接合
部欠点無し
4.7MPaで
管破壊接合
部欠点無し
4.6MPaで
管破壊接合
部欠点無し
4.6MPaで
管破壊接合
部欠点無し
4.2MPaで
管破壊接合
部欠点無し

引抜試験


曲げ水圧試験


破壊水圧強さ試験


扁平試験


製品一覧に戻る