株式会社 川西水道機器

沿革

企業情報~沿革

1952年
有限会社川西水道機器工業所として発足。SKジョイント発売開始。
1960年
有限会社川西水道機器製作所に社名変更。
1960年
鋳造部門移転し、郷東工場(高松市)操業開始。
1971年
有限会社を株式会社に組織変更。資本金を1,000万円とする。
1972年
日本水道協会(JWWA)検査工場となる。
1976年
郷東工場に低周波誘導炉・高速高圧自動造型機を導入。
1979年
香西工場にエポキシ粉体塗装ライン設置。
1980年
本社を高松市扇町から高松市香西本町へ移転。SK-Mジョイント発売開始。
1981年
ネオSKジョイント発売開始。
1982年
SK-Mジョイントにストップリング装着品発売開始。
1986年
SK-ビニストッパー発売開始。
1989年
九州営業所開設(福岡市博多区)
1990年
SK-Mジョイントストップリング付、SK-ビニストッパー(口径:200~300)ラインナップ追加。
1993年
本社工場用地取得(52,250.1㎡・香川県綾南町)
株式会社川西水道機器に社名変更。
1994年
ネオSKジョイントストップリング付(口径30~50)発売開始。
1995年
『綾南工場』1期工事竣工新設鋳造工場操業開始。
資本金を9,800万円とする。
1999年
スッポンMジョイント発売開始。
2000年
本社・綾南工場完成。本社及び香西工場を綾歌郡綾南町へ移転。
『綾南工場』2期工事竣工新設塗装ライン、組立・出荷ライン操業開始。
四国営業所開設。
2001年
ISO 9001 認証取得(英国LRQA社)。
2002年
ISO 9001 2000年版認証取得。
2003年
関東営業所・物流センター開設(埼玉県行田市)
スッポンMソフト発売開始。スッポンMDジョイント発売開始。
2004年
ISO 9001 2000年版更新。
ビニストショートⅡ発売開始。
2005年
大口径MVF・ビニストッパー(口径350~500)発売開始。
2006年
日本水道協会指定検査工場となる。
2007年
スッポンMPジョイント発売開始。
2008年
スッポンMPソフト発売開始。
SKX発売開始。
2009年
スッポンMPジョイント(JW-P用)(200)発売開始。
2010年
日本水道協会第1種検査工場変更。
スッポンMGジョイント発売開始。
2011年
四国営業所本社統合。
2012年
中部営業所開設。
2013年
東北出張所開設。
2014年
北海道出張所開設。
九州営業所移転・九州物流センター開設。
2015年
SKX(中口径)発売開始。
このページのトップへ